げどう塾

ATLUS系ゲームについての忘備録

小ネタ アバチュにおける隊列について

アバタールチューナーではこちらのパーティは3人、他の作品と違いアイコンの数は三つになる。これがどのような性質を示すのか見てみよう。

まず行動の幅が大きく狭まるのは言うまでもない、単純にアイコンが一つ減る事によるのはもちろん。ターゲットは集中するし、一人死んでしまうと一気に行動回数がショボくなる。当然ここから元の状態に戻す必要があり、最悪の場合復帰行動だけでターンを渡してしまいループに陥る危険も否めない。頭数が行動力に匹敵する以上、攻撃も防御も4人いる場合に比べて減るわけだ。アバチュはそこまで世紀末なゲームではないので直接アイコン4つの作品とは比べられないが…

最も特筆されるべき性質といえば安定して3人目が2回行動できない事だろう。1、2人目が弱点をつけない場合、3人目にアイコンが2個の状態で行動が回る。ここから3人目が弱点を突いても2人目は行動ができないし3人目は2回も弱点を突いたのに全体で行動した回数は3回。つまり弱点を突く恩恵が受けられないのだ。

また一人目が弱点をつけないが一度行動するパターンを考えてみよう。2人目がアイコンを二つ持った状態からスタートする。この場合二人目が弱点を突いても3人目には2回目の行動が回ってこない事になる。この場合は1人目の1回目の行動は次に回す、にすると3人目が2回行動できる。後者は前者に対して3人目の2回目の行動の分一つ増える。*1

弱点を連続で突いてもストックがつっかえやすいというデメリットも存在する。例えば上の仮定で2、3人目が弱点を突いても3人目は2回目の行動ができない。次に回すためのアイコンがどこにもないからだ。この場合でも一人目が最初に次に回すと行動が一回増える。

ここにアバチュ特有の要素であるリンゲージとハントスキルが絡むと話がややこしくなる。ハントスキルは弱点を突かないし行動を単純に消費する行動だ。先制を取って敵が怯えている場合は上記のようなアイコン一個消費の仮定が生きてくるし、リンゲージがあれば各人が弱点をつける可能性は高くなる。

まず、2つアイコンが点灯しており3人目に行動が渡った(1、2人目が弱点を突いた)場合に3人目がリンゲージを使用するとする。こうするとアイコンがあぶれる。つまり3人がそれぞれ弱点を突く形になるが3人目に2回目の行動が回ってこないのだ。リンゲージを使用すると2個アイコンを消費する形になるので3人目の行動回数が結果として減ってしまうわけだ。

色々と例えが交錯して錯乱してきたがもう一つ、一人目が自力で弱点を突く場合とリンゲージで突く場合の二つを比較してみよう。マハラギのリンゲージの場合はアギとザンなので1人目がアギ、2人目がザンとその逆のセットパターンの場合勝手が変わってくる訳だ。一人目で単体で弱点がつけると2人目もリンゲージで弱点がつける。一人目と二人目でリンゲージを用いる場合は、どちらのパターンでも全てのアイコンが点灯した状態で3人目に渡るので差異がない。一人目と三人目でも同様である。ついでにどちらでも3人目は2回目の行動が許されない。

そして付け加えておく必要があるのがハントスキルだ。hpの減りと怯えであるかどうかの二つの条件でハントの成功か否かが決まる。どちらも行動を重ねる毎に達成に近づく。この点では2回行動できない3人目より1、2人目の2回目の行動時点の方が可能性が高い訳だ。また二人リンゲージを2回使用するのは効率上あまりよろしく無い、もちろん3人目の撃ち漏らしを取るなど利用法はあるが1、2人目のハントができなくなる。

隊列順と帯びる役割・性質

以上を踏まえて3人の行動の可能性について検証してみよう。まず一人目と二人目、三人目の間に大きく開きがあるのは言うまでもない。三人目に必要なのは一、二人目で点灯させたアイコンを利用して全体物理や怯えさせた敵を即死ハントで片付ける、ドレインを貼るなどの利用法が考えられる。そして一、二人目の違いについては一人目は単体を用意した方が良い、例えばリンゲージを一度使用して行動を回すと一、二人目がそれぞれ2回目の行動ができる。この時一人目が独力で弱点をつければ敵を怯えさせ安くなる。二人目はリンゲージがしやすいようにたんまりと魔法を詰めてもいいし、三人目ほどではないが弱点を突かないタイプの行動を入れることも出来る。

一、二人目に3属性ずつ持たせると5属性リンゲージが楽に作れるので後は多くのリンゲージの起点に出来るタルンダとその他魔法を盛り込み、上にそうと効率的になるだろう。

*1:前者が1:行→2:半行→3:行→1:行か2が行。後者が1:次→2:半行→3:行→1:行→2:半行→3:行。